ツール

【プロのお言葉】MacBook Proの電源アダプタは繋いだまま作業&放置しても全く問題ありません【断言】

MacBook Proの電源アダプタは繋いだまま作業&放置しても全く問題ありません
ひつじさん
MacBook Proって家で使うときは、電源ケーブルに繋げたままでも大丈夫かな?バッテリーの劣化が早くなったりしないのかな?....買ったばっかだから不安...

 

こんな疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • バッテリーの消費に関する情報
  • アップルサポートセンターの正確な回答
  • バッテリーが劣化するまでの使用回数制限(充放電回数)について

 

MacBook Proのバッテリーに関するお役立ち情報です。

タイトルの通り、『MacBook Proの電源アダプタは繋いだまま作業&放置しても全く問題ありません』

 

Appleのサポートセンターに問い合わせた回答と実際にアップルのホームページ載っている情報をもとに回答していきます。

 

※『MacBook Pro』に関する情報ですが、『2018年以降のMacのノートブック』と統一の情報です。

 

関連記事
CleanMyMac X
Mac専用メンテナンスソフト【CleanMyMac X】評判と使用感レビュー

続きを見る

バッテリーの消耗問題

MacBook Pro

 

下記が僕のMacBook Proの情報です。

  • MacBook Pro13インチ
  • 2.7GHz クアッドコア Intel Core i7(Turbo Boost使用時に最大 4.5GHz)
  • 16GBの2133MHz LPDDR3 SDRAM 搭載
  • 1TB SSD
  • Thunderbolt 3(USB-C)ポート×4

外で使うときは電源ケーブルを持たなくても、常時10時間のインターネット閲覧ができるほどパワフルなので基本持ち歩きません。

 

自宅でMacBook Proを操作するときは、基本的に電源ケーブルを繋いだまま作業をしています。

 

電源ケーブルを繋いだままでの作業はバッテリーの劣化につながるんじゃない?
ひつじさん

 

僕も同じことを考えていたので、調べてみました。

 

『MacBook Pro 電源アダプタ 繋ぎっぱなし』で検索

まずはネットで『MacBook Pro 電源アダプタ 繋ぎっぱなし』検索キーワードで調べて見ました。

 

いろんな人が書き込みをしてくれているおかげで色々情報が入ってきます。

 

検索結果

・電源アダプタを繋いだままでは劣化してしまう
・20%まで減ってきたら電源ケーブルを繋げる
・電源アダプタを繋いだままでも問題はない
・昔と今のMacBook Proとではバッテリーの性能差が違うから、昔のものは繋いだままでは良くない

 

いろんな意見が見つかりましたが、意見が分かれていて結局どれが正しい情報なのかわかりません。

 

と、いうことでここはアップル製品のプロに問い合わせてみます。

 

アップルサポートセンターに問い合わせてみた

どの意見も信憑性はあるかもしれませんが、情報がはっきりしないためアップルサポートセンターに問い合わせしてみました。

 

実際のやり取りをスクショしたかったので、チャットで連絡をしてみます。

f:id:shoblog:20180923100230p:plain

という回答をいただきました。

 

  • バッテリー自体の性能は今と昔とでは性能差があるため、電源ケーブルを繋いだままでの使用をしてもMacBook Pro自体が充電状態を管理してくれるんですね。

 

優秀です。びっくりです。

 

Appleの担当者とそのままチャットを進めていたら、「ノートブックに関する情報もホームページに記載しているのでよかったら参考にしてください」と言っていたので早速ホームページを確認です。

 



バッテリーの充放電回数

【プロのお言葉】MacBook Proの電源アダプタは繋いだまま作業&放置しても全く問題ありません【断言】

Appleのホームページを読み進めていると、充放電回数についての記述が見つかりました。

 

充放電回数とは

メモ

Macのノートブックを使用し、バッテリーをすべて使い切った時に充放電回数は1回とカウントされます。

例えば、1日でMacのノートブックのバッテリーの容量を100%の状態から50%まで使ったとします。その状態で電源ケーブルに繋ぎ充電します。次の日も同じくバッテリーの容量が100%の状態から50%まで使ったとします。

そしたら充電の回数は2回ではなく、1回とカウントされます。0から100まで充電することで初めて充放電回数は1回と計算されます

 

この充放電回数が一定以上行われると、Macのノートブックのバッテリーは消耗していくと書いてありました。

 

常に電源ケーブルに繋いだままの状態であれば100%を維持できるので充放電回数はカウントされない。そのため、バッテリーは消耗しないということです。

 

Macのノートブックユーザーは持ち歩くことが多い

MacBook Proのバッテリーは電源ケーブルを繋いだままであれば消耗しないことがわかりました。

 

しかし、MacBook Proに限らず、Macのノートブックを選択したのなら「基本もち歩くことを想定して購入」してるはずです。

 

僕も外で作業するためにMacBook Proを購入しました。

 

MacBook Proはどれくらい使えばバッテリーは消耗するの?あと、現在の充放電回数って何回くらいなんだろう?
ひつじさん

 

こちらの疑問もアップルの公式ホームページに載っていました。

 

最大充放電回数

【プロのお言葉】MacBook Proの電源アダプタは繋いだまま作業&放置しても全く問題ありません【断言】

まずはどれくらい使えばバッテリーは消耗するかの答えです。

 

ぼくのMacBook Proの充放電回数に関しては赤枠で印をつけました。

 

  • 2009年以降の一部モデルからMacBook Proの『充放電回数は1000回』
  • MacBookに関しても2009年以降の一部モデルから『充放電回数は1000回』

 

1000回と言われても実際どれくらい充放電が行われているのか基準がわからないので自分のMacBook Proで調べました。

 

※Macのノートブックの充放電回数に関する記述はこちらから確認できるので参考にしてみてください。

 

約1年半使用時の充放電回数

【プロのお言葉】MacBook Proの電源アダプタは繋いだまま作業&放置しても全く問題ありません【断言】

約1年半使い続けた充放電回数が『137回』

 

予想以上に充放電回数が少なかったです。

 

比較的外で使うことが多かったのですが、僕の使い方では約1年半の使用で137回なので単純に10年くらい使わないとバッテリーは消耗し始めないということになります。

 

恐ろしいパワーですね。

 

メモ

MacBook Proがネット接続10時間ほど可能なので、毎日電源に繋がずに10時間使い続け、0%の状態してから、充電を繰り返せばおよそ3年〜3年半ほど。

 

ちょっと現実的な使い方ではないですね。

 

僕のような使い方でノートパソコンを10年以上使い続けるのは少し現実味がないので、おそらく5年くらいで買い換える可能性は高いかと思います。

 

  • 2009年以降の一部モデルのMacのノートブックに関してはバッテリーの消耗を感じはじめるのは、およそ5年後以降。
  • 2009年以前のものに関しては最大充放電回数が300〜500となっているのでヘビーな使い方をすればおそらく2〜3年ほどでバッテリーの消耗がはじまる予想。

 

上記でMacのノートブックの充放電回数に関するアップルの公式ホームページに載っている記述を載せたので自分のMacの最大充放電回数はどれくらいなのか調べてみてください。

 

現在の充放電回数の調べ方

最後に充放電回数の調べ方についてです。

ホーム画面から左上のリンゴのマークをクリックします。
【プロのお言葉】MacBook Proの電源アダプタは繋いだまま作業&放置しても全く問題ありません【断言】

リンゴのマークをクリックしたら『option』を押してください。

そうすると『このMacについて』の部分が『システム情報』に切り替わります。

『option』を押しながらシステム情報をクリックします。

 

【プロのお言葉】MacBook Proの電源アダプタは繋いだまま作業&放置しても全く問題ありません【断言】

システム情報が開いたら、左のタグの『ハードウェア』の中の『電源』をクリックします。

『状態情報』の中に『充放電回数』の回数が載っています。

 

自分自身のMacの充放電回数を意識することないので、一度調べて見る価値はあります。

 

充放電回数が最大充放電回数に近づいていたら、自宅やカフェで使うときは電源ケーブルに繋いだまま使用すれば充放電回数の節約につながります。

 

Macのノートブックは優秀なので、バッテリーの消耗については心配する必要はありませんね。

 

人気記事【初心者向け】セールスライティング学習の始め方【90日で身につきます】
人気記事【超厳選】アフィリエイトにおすすめWordPressテーマ"5選"

-ツール
-

© 2020 shoblog