セールスライティング

【初心者向け】セールスライティング学習の始め方【90日で身につきます】

セールスライティング学習の始め方
ひつじさん
ブログのスキルアップのためにセールスライティングを勉強したいんだけど、何から始めればいいのかな?....文章苦手だし、むずかしそうだけど、どれくらい勉強すれば身につくんだろう?

 

こんな疑問にお答えします。

 

本記事の内容

・ステップ1:セールスライティングとは?
・ステップ2:セールスライティングの学習方法
・ステップ3:セールスライティングをアウトプット
・ステップ4:セールスライティングで案件を受ける
・ステップ5:セールスライティングが身に付く

 

この記事を書いている僕のセールスライティング歴は1年ほど

学習歴はまだまだ浅いですが、文章力0だった僕は、セールスライティングを学習し始めてから90日ほどで、月間6,000PVのブログを1万4,000PVまで伸ばすことが出来ました。

 

2018年7月〜10月までのPV数の変化

2018年7月のPV数
Googleアナリティクス

 

2018年10月のPV数
Googleアナリティクス

 

  • PV数:約2倍
  • ユーザー数:約2倍
  • セッション:約2倍

 

控えめにいっても効果は絶大です。

 

文章の書き方も大事ですが、どこにフォーカスを置いたり、どこに興味を引かせるかを考えることで読者を呼び込むことができます。

 

現状として世間から見れば、セールスライティングの認知度はまだまだ低いですが、ここを極めることができれば周りと大きな差を広げることが出来ます。

 

僕がこれまでやってきたセールスライティングの学習方法、始め方について解説していきます。

 

ステップ1:セールスライティングとは?

セールスライティングとは?

 

  • 「売ることに特化したスキル」で、※セールスコピーやブログなどの文章を書き、読んでくれた人の購買欲を高め商品の売り上げをアップさせる
  • 飲食店など、集客をするためのコピー(文章)を書けるため、人を呼び込むことが得意

 

つまり、セールスマンのセールストークを文章化したようなイメージです。

 

集客と販売を必要とする事業であれば、セールスライティングはいくらでも活用可能です。

 

※セールスコピーとは:「物を売るために作成された文章のこと」

 

セールスマンではないからむずかしそう・・・

 

結論からいうと、簡単ではないですが、むずかしくもありません。

 

なんか中途半端ないい方になってごめんなさい・・・

 

ただ、難易度は高くありません。なぜならお客さんが目の前にいるわけではないということが難易度を下げてくれています。

 

セールスマンであれば、お客さんとの対面でセールストークをしなくてはいけません。

 

お客さんの言葉に臨機応変にセールストークを変化させていかなければならないので、難易度は非常にハードです。

 

セールスライティングは、これからのお客さんに向けたメッセージとして文章を組み立てて行くので、考える時間はたっぷりあります。

 

文章は苦手・・・

 

ここまでの説明だとセールスライティングって文章を書くお仕事のイメージに思えますよね。

 

だけど、意外とセールスライティングって文書を書くというより、調べることの方が圧倒的に多いです。

 

  • 調べたことを組み合わせていくことで、お客さんの悩みや問題を解決するための文章が出来あがります。

 

だから文章が苦手であってもあまり関係はないので安心してください。

 

ネット環境があってリサーチができればセールスライティングは誰にでもできます。

 

ステップ2:セールスライティングの学習方法

セールスライティングの学習方法

 

実際にセールスライティングを学ぼうと思ったらどんな学習方法があるのか。

おすすめは以下の3つ

  • セミナー
  • デジタル教材

 

全部学習してもいいですが、ひとつずつ順を追って学習した方がおすすめです。

 

おすすめの順番

① 本
② デジタル教材
③ セミナー

 

僕は本からセールスライティングを学習し、セールスライティングがどういうものなのかを理解してから、教材などで深い知識を学びました。

 

本を読む

 

セールスライティングの本については本屋さんに売っているものもあれば、企業さんが直接販売している物もあります。

 

3冊ほどおすすめの本を紹介します。

 

ウェブセールスライティング習得ハンドブック

※ウェブセールスライティング習得ハンドブックはダイレクト出版さんのホームページで無料のプレゼントをしています(送料のみ負担あり)
期間限定かもしれないので、下記から確認してみてください

>>ダイレクト出版<<

 

現代広告の心理技術101

 

ザ・コピーライティング

 

このあたりを読むだけでも、セールスライティングについてかなり詳しく学習できます。

 

デジタル教材を読む

 

デジタル教材については、僕がセールスライティングに関する本を17冊、学習費用に20万以上かけて学んできたことを、ひとつの教材にまとめました。

 

 

この教材は、はじめてセールスライティングを学ぶ方向けに書き上げました。

 

もちろん内容はかなり濃く、はじめての方向けとは言っていますが、この教材だけでも成果をつくりにいけます。

 

有料の教材にはなりますが、"無料で読める部分でもかなり学習できる設定"にしています。

 

セールスライティングの本だけでは物足りなさを感じるなら、ステップアップとしておすすめです。

 

セミナーに行ってみる

 

セミナーに関しては、僕が実際に行ったことがないのでちゃんとおすすめはできません。ごめんなさい・・・

 

ただ、「セールスライティング」「セミナー」で検索すると比較的安価で参加できるセミナーもたくさんあります。

 

【初心者向け】セールスライティング学習の始め方【3ヶ月で身につきます】
こんな感じです。↑↑↑

 

本や教材だけでは物足りと感じるのであれば、試しに参加してみてもいいかもしれません。

 

ステップ3:セールスライティングをアウトプット

セールスライティングをアウトプット

 

本や教材で学習したら、必ず『アウトプット』をしてください。

 

インプットしただけでは、ただの知識です。

 

知識だけではセールスライティングはまだ身についていないので、「アウトプット」をしてセールスライティングを身につけていきます。

 

おすすめは以下の3つ

  • 日記を書く
  • ブログを書く
  • SNSで発信する

 

このあたりでアウトプットの習慣をつけましょう。

 

日記を書く

 

セールスライティングを学習し、学んだことを日記に書いていきます。

 

例えばセールスライティングの用語で「ベネフィット」という単語があります。

 

商品の機能を説明している文章を、「お客さんがこの商品を手にした時にどんな未来になるか」を想像させる文章です。

 

ベネフィットを学習したら、商品の機能をベネフィットに変換する練習をしてみます。

 

商品の機能の説明

このパソコンの重量は1.3kgです

 

ベネフィット

このパソコンはどこにでも持ち運びが自由です

 

こういった形で商品の機能をベネフィットに変えてみます。

 

すぐにアウトプットすると身に付くスピードもあがります。

 

セールスライティングを学習したら、日記を書く習慣をつけましょう。

 

ブログを書く

 

自分だけが読める日記とは違い、ブログであれば実際に誰かに読んでもらうことができます。

 

今は無料で始められるブログサイトもたくさんあります。

 

おすすめを3つほど紹介します。

 

おすすめ無料ブログサイト

 

このあたりがおすすめです。

 

僕はアウトプットの一環で、最初の頃「はてなブログ」を始めました。

 

ブログを通して誰かに見てもらうことで、質の高いアウトプットができます。集客という観点でもブログはおすすめです。

 

SNSで発信する

 

SNSの中でもおすすめなのが「ツイッター」です。

 

ポイント

140文字の限られた文字数で、フォロワーの心を動かすメッセージを書く練習ができるから

 

SNSは気軽に始めることができるので、アウトプットとしては一番やりやすいと思います。

 

ブログと併用してSNSを活用すれば、SNSからの流入でブログを見てもらい、もっとあなたが伝えたいメッセージを届けることができます。

 

たくさんメッセージを届けて、どんどんアウトプットしていきましょう。

 

ステップ4:セールスライティングで案件を受ける

セールスライティングで案件を受ける

 

このあたりからは実践形式になってきます。

 

ステップ3でアウトプットして覚えたことを、企業が出している案件を受注してライティングのお仕事をしてみましょう。

 

クラウドソーシングに登録する

 

クラウドソーシングに登録する前に、クラウドソーシングについて説明します。

 

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングと呼ばれる個人や企業などの、不特定多数の人がお仕事の案件を依頼したり受注することができるプロセスになります

 

クラウドソーシングのサイトはいくつかあるので、おすすめを3つ紹介します。

 

 

このあたりがおすすめです。

 

【サグーワークス】はライティングの案件が非常に充実しています。

 

【ランサーズ】【クラウドワークス】はライティング以外にも商品のキャッチコピーをコンペ形式で考えたり、デザイン系などが充実しています。

 

僕は最初ランサーズから始めて、他にもいろんなお仕事の案件をもらうために、サグーワークスなどにも登録して案件をいただきました。

 

ひとつに絞る必要はないので、サイトを覗いてみて自分に合いそうなサイトを選んでみましょう。

 

ライティングの案件を受けてみる

 

クラウドソーシングに登録ができたら実際にライティングの案件を受けてみましょう。

 

ランサーズに登録した手順や案件の受注のやり方などを記事にしたので詳しくは下記をご覧ください。

 

【ランサーズで副業】実際に2ヶ月体験したレビュー

 

ステップ5:セールスライティングが身に付く

セールスライティングが身に付く

 

セールスライティングの本、教材でインプットし、日記、ブログ、SNSでアウトプット。

 

クラウドソーシングに登録してライティングの案件を受注しお仕事をしてみる。

 

ここまでの流れができていれば、セールスライティングの基礎的な学習はバッチリです。

 

ステップ2〜4を繰り返す

 

ステップ2のセールスライティングの学習方法でインプットしたことを、ステップ3、ステップ4でひたすらアウトプット。

 

これをひたすら繰り返し90日もすればセールスライティングの基礎は身につきます。

 

僕はこのステップ2〜4を90日間繰り返したことでセールスライティングを身につけ、PV数を2倍以上伸ばすことができました。

 

地道ではありますが、とにかくインプットしたらアウトプットをひたすら繰り返してください。

 

少なくても僕は、90日後に変化が現れました。

 

最後に

 

セールスライティング学習の始め方については以上になります。

 

繰り返しになってしまいますが、知識をインプットしたらアウトプットしましょう。

 

身につくまでの最短手順はひたすらアウトプットをすることです。

 

セールスライティングを身につけて、集客力や販売力に役立ててください。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

-セールスライティング
-

© 2021 shoblog